トイレリフォームを行うにあたっての注意点

トイレリフォームを行うにあたっての注意点 誰でもどうしても1日に何度もトイレは利用するでしょう。このため何十年も使い続けると、どうしても劣化して不具合が発生しやすくなります。もし何らかのトラブルが起きたのなら、トイレリフォームをするのも一考です。特に設置してから10年以上経過しているものは、部品などが劣化して交換する必要が出てきます。修理しても別の箇所で不具合の発生する恐れもあるので、本体ごと交換するのも一考です。もしトイレリフォームするのなら、どのようなところに注意すべきか、どんな工事内容があるかについてまとめました。これから業者に依頼しようと思っているのなら、これらのポイントを押さえてどうすればいいか考えましょう。

■トイレリフォームの種類

リフォームといってもそのメニューは多種多様です。まずは便器の交換です。近年人気になっているのが、タンクレスの設置です。文字通りタンクがなくなるのでその分すっきりします。タンクがなくなって手洗いできなくなるのは困るというのなら、手洗い場を設置する工事も検討しましょう。
ウォシュレットを新規設置する工事もあります。この場合注意しなければならないのはコンセントの有無です。もしトイレ内にコンセントがなければ、設置工事が必要です。また、壁紙や床を張り替えることで、見た目の印象を大きく変えられます。近年では機能性に優れたクロスも出てきています。築年数の古い物件の場合、ドアが劣化している場合もあるでしょう。その場合には交換工事をするのも一考です。このようにいろいろな種類があるので、自分たちにとって何が必要か、いったん思い返してみることが大切です。

■業者選びは重要
トイレリフォームの成否は優れた業者に依頼できるかどうかにかかっているといっても過言ではないです。水道 評判のいい業者を見つけるには、まず製品に関する知識をチェックすることです。もし製品に関する知識が豊富であれば、いろいろな種類を提案してもらえ、自分のイメージ通りのものが見つかりやすいです。
いろいろとこちらが要望を出して、それに柔軟に提案してくれるところは実績豊富でノウハウを持っていると推測できます。また設置工事の際の費用はケースバイケースです。そこで前もって見積書を作成してもらって、いくらになるか説明をしてもらうことになります。この時見積書の内容がていねいだと、工事もきめ細かに行ってくれることが期待できます。

■リフォームする際の注意点

トイレリフォームをする際には押さえておくべき注意点がいくつかあります。まずはサイズについてです。もし今よりも大きな便器を取り付けようと思っている場合、ちょっと大きなだけでも使い勝手が大きく変わるかもしれません。トイレの中に入っても、便器の周辺が狭くなって掃除しにくくなる、窮屈な印象になってしまうといった事態が考えられます。
壁材や床材を交換する場合は、耐水性があるか、防湿性があるかなどを検討しましょう。湿気が多い場所だからです。また臭いの発生しやすい場所ですから、消臭効果に優れたものを使用するのがおすすめです。介護リフォームのために手すりを設置したい、収納棚を作りたい場合には、快適に利用するためにも、高さなどを慎重に検討する必要があります。

■まとめ
トイレリフォームをすることで、今までよりも快適に用を足せる場所に変身する可能性があります。しかしやり方を間違えると窮屈になるなど不便さが出てしまうリスクもあります。そのようなことにならないためには、水道業者と入念に打合せすることです。公示することでどんなトイレにしてほしいか、具体的なイメージも担当者にしっかり伝えましょう。見積書の金額だけでなく内容などを見て、信頼して任せられるような業者を見つけることが大事です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース